アナリティクスとアドワーズを連携(リンク)する方法

2017年12月05日 設定

adword-analytics

Google AdWords と アナリティクスは、データを共有することが可能です。

連携することで、アナリティクスのレポートにAdWordsのキーワードや費用データなど、Google AdWords の管理画面を開かなくてもパフォーマンスのチェックができるようになります。

アナリティクスに設定した目標(コンバージョン)と絡めて確認することも、もちろん可能です。

また、AdWordsアカウントに紐付けていないユーザーにAdWordsの運用状況を確認してもらうこともできるようになります。

 

AdWords と連携(リンク設定)することで広告トラフィックの分析が可能に

AdWords と連携(リンク設定)していない状態

AdWordsとリンクしてない

AdWords と連携していない状態では、総数の把握はできるものの、ディメンションの項目が (not set) と表示されているため、詳細まで確認することができません。

AdWords と連携(リンク設定)済み

キャンペーンレポート(集客 > AdWords > キャンペーン)

AdWords キャンペーンレポート

連携させることで、AdWords で作成したキャンペーン毎のトラフィックを確認することができるようになります。
※画面はキャンペーンレポート(集客 > AdWords > キャンペーン)

キーワードレポート(集客 > AdWords > キーワード)

AdWordsキーワードレポート

連携することで、キーワード毎の指標を確認することも可能になります。入札に使用した「キーワード」と実際に検索された「検索語句」も確認することもできるので、コンバージョンに貢献した具体的なキーワードを確認することも可能になるのです。
※画面はキーワードレポート(集客 > AdWords > キーワード)

Search Console(サーチコンソール)の情報から検索に使われているキーワードを調べる方法は以下をご覧ください。
アナリティクスで検索キーワードを調べて集客アップに活かす方法

アナリティクスとアドワーズを連携することで得られるメリット

また、アナリティクスとアドワーズと連携することで、運用状況をレポートとして確認できる以外にも次のようなメリットが得られます。

  • アナリティクスで作成したユーザーリストを、AdWords のリマーケティングに利用することができる
  • Google アナリティクスの目標とトランザクションのデータを AdWords にインポートすることができる

Google アナリティクスの目標データをインポートするメリット

Google アナリティクスの目標データを AdWords コンバージョン トラッキングにインポートすると、次のようなメリットがあります。

  • アナリティクスのコンバージョン数やデータを AdWords のクリックと関連付けて参照できます。
  • Google アナリティクスのコンバージョン データを AdWords で確認できます。
  • コンバージョン オプティマイザーでアナリティクスの分析データを利用して入札単価を最適化できるため、コンバージョンの促進と費用の抑制に役立ちます。

参照:Google アナリティクスの目標とトランザクションのデータを AdWords にインポートする(AdWords ヘルプ)

このように、アナリティクスと AdWords を連携することで多くのメリットを得ることができるようになります。アナリティクスと AdWords をより有効に使うためにも、ぜひリンク設定をするようにしましょう。

アドワーズとアナリティクス連携の手順(Google アナリティクス管理画面での設定)

管理ページからAdWordsのリンク設定へ

AdWords のリンク設定

1.画面左メニューの「管理」から、2.「プロパティ」>「AdWords のリンク設定」をクリックします。

 

リンクするAdWordsアカウントを選択

AdWords アカウントを選択

リンクしたい AdWords アカウントを選択して「続行」をクリックします。

 

アカウントをリンクする

AdWords アカウントをリンクする

1.「リンクグループのタイトル」にわかりやすい名称を入力し、2.選択するビューを「オン」に切り替えます。次に、3.「詳細設定」をクリックし「AdWords アカウントの自動リンクタグの設定」を確認します。

 

AdWords アカウントの自動タグ設定を有効にする

自動リンクタグ設定

「リンクグループに追加された AdWords アカウントの自動タグ設定を有効にする(推奨)」にチェックを入れ、「アカウントをリンク」をクリックします。

この自動タグ設定を行うことで、アナリティクスに AdWords のキャンペーン、広告グループ、キーワードなどの情報を自動で送信するURLを自動で生成してくれるようになります。アナリティクスで AdWords の情報を取得したい場合は設定するようにしましょう。

自動タグ設定を使うと、手動タグ設定にはない、次のようなメリットが得られます。

  • 個々の最終ページ URL に手動でタグを設定する手間が省けます。
    手動タグ設定で誘発されるエラーを排除できます(例: utm_source=Google のような入力ミス。正しくは、utm_source=google)。
  • アナリティクスの目標やトランザクションを AdWords のコンバージョン トラッキングにインポートすることができます。
  • アナリティクスのより詳細なレポートを利用できます(下記を参照)。

参照:自動タグ設定のメリット(アナリティクスヘルプ)

 

完了をクリックする

AdWords リンク完了

「完了」をクリックして、次に AdWords 側の設定を確認します。

 

アドワーズとアナリティクス連携の手順(Google AdWords 管理画面での設定)

自動タグ設定を行う

AdWords 自動タグ設定

AdWords 管理画面の「設定」>「アカウント設定」に移動し、「自動タグ設定」を「はい」に切り替えます。

自動タグ設定とは

URL にパラメータを自動的に付加する機能です。オフライン コンバージョンを測定する際や、Google アナリティクスなどのウェブサイト トラッキング プログラムで広告の掲載結果レポートを作成する際に役立ちます。

  • 自動タグ設定を有効にすると、ユーザーがクリックした URL に「GCLID」パラメータが付加され、広告のクリックによるサイトの訪問すべてについて、参照元の広告を把握できるようになります。
  • Google アナリティクスなどのプログラムでは、URL に自動的に付加されたタグの情報を利用して、サイトにユーザーを誘導した AdWords キーワードや、そのキーワードが属しているキャンペーン、そのクリック単価を把握できます。こうした情報を使用すれば、複雑な経路をたどったオンラインやオフラインのコンバージョンについても AdWords にデータをインポートできます。
  • この情報を使用すると、オンラインかオフラインかを問わず複雑なコンバージョンを AdWords にインポートできます。

参照:自動タグ設定(AdWords ヘルプ)

 

まとめ

AdWords のトラフィックをアナリティクスで分析できるようになると、より多くの情報を得ることができるようになります。更にはアナリティクスで作成したユーザーリストのリマーケティング活用や、目標のインポートができるなどもできるようになりメリットは絶大です。

ぜひ、アナリティクスと AdWords の連携をし、インターネットマーケティングに活かしましょう。

Googleアナリティクス完全ガイド

 

コメント..

PAGE TOP