仮想ページビュー設定方法(グローバルサイトタグ対応)

2017年11月11日 設定

virtualpageview

仮想ページビュー(バーチャルページビュー)とは、仮想URLとページタイトルを指定することで、アナリティクスに存在しないページを存在しているウェブページのように記録してしまう仕組みです。

たとえば、PDFファイルへのアクセスは、普通はアナリティクスのレポートに反映されることがありません。アクセス時にトラッキングコードを読み込まないからです。しかし、仮想ページビューの仕組みを利用することで、あたかもウェブページを見ているかように記録することができるようになります。他のウェブページと同じレポートで確認することもできるようになるため便利です。

「サイトに用意しているPDFファイルが見られているかどうか確認したいが、サーバーログをチェックするのは面倒だ。できればアナリティクスのレポートでPDFファイルが見られているかどうか、簡単に確認できるようにしたい。」「ページ遷移がないメールフォームプラグインを使っている。そのため送信完了を目標として設定できない。」などがあれば、ぜひ仮想ページビューを利用してみましょう。

仮想ページビューの利用シーン

たとえば仮想ページビューは次なようなときに利用が可能です。

  • PDFファイルへのアクセスをウェブページ閲覧のように計測したい
  • 特定のリンクから外部サイトへの移動は、自身のウェブページとして計測したい
  • 同URLで内容が切り替わるメールフォームを使っていけるけど、ページ遷移しているかのように記録したい

仮想ページビューという仕組みを知らなければ、計測を諦めてしまいがちなケースですが、設定することで計測が可能になります。仮想ではありますがページが存在しますので、アナリティクスの目標として設定することも、もちろん可能です。 今まで知らずに諦めていた方は、ぜひやってみてください。

参照:アナリティクスでコンバージョンを計測する方法〜解析はじめの一歩

仮想ページビューとイベントトラッキングの違い

似たような仕組みでイベントトラッキングがあります。違いはクリックとして記録しておくのか、ウェブページがあたかも存在するかのように、つまり仮想ページとして記録しておくのかの違いです。

参照:イベントトラッキングを設定してパフォーマンス改善に役立てよう

仮想ページビューの設定方法

仮想ページビューの設定はそれほど難しくありません。計測したいPDFファイルなどのクリックさせるリンクタグの中に、アナリティクスにデータ送信させるための簡単なコードを書き加えるだけです。(Contact Form 7 など、WordPressのメールフォームプラグインでやる際はプラグインに設定で可能になります)

仮想ページビューを設定するためのコードを、以下に用意いたしました。適切な内容に書き換えてご利用ください。 なお、使用しているトラッキングコードが、ユニバーサルアナリティクス(analytics.js)とグローバルサイトタグ(gtag.js)で異なります。ご注意ください。

通常のリンク

<a href="http://www.sample.com/example.pdf">リンクテキスト</a>

これに、仮想URLを「example.html」、仮想ページタイトルを「PDFファイル」としてアナリティクスに記録したい場合、以下のようにコードを書き加えます。(onclick 以降を追加)

(ユニバーサルアナリティクス / analytics.js)仮想ページビュー設定例

<a href="http://www.sample.com/example.pdf" onclick="ga('send', 'pageview', {'page':'/example.html','title':'PDFファイル'});">リンクテキスト</a>

※補足

<a href="リンク先URL" onclick="ga('send', 'pageview', {'page':'仮想URL','title':'仮想ページタイトル'});">リンクテキスト</a>

(グローバルサイトタグ / gtag.js)仮想ページビュー設定例

<a href="http://www.sample.com/example.pdf" onclick="gtag('config', 'UA-XXXXXXXX-XX', { 'page_title': 'PDFファイル', 'page_location': 'http://www.sample.com/example.pdf', 'page_path': '/example.pdf'});">リンクテキスト</a>

※補足

<a href="リンク先URL" onclick="gtag('config', 'UA-トラッキングID', { 'page_title': '仮想ページタイトル', 'page_location': '仮想URLフルパス', 'page_path': '仮想URL'});">リンクテキスト</a>

外部リンクも自身のウェブページとして計測することが可能です

仮想ページビューの設定をしておけば、仮に外部サイトへのリンクであったとしても、あたかも自身のサイトのウェブページを閲覧したかのように記録しておくことが可能です。

たとえば、Yahoo!Japan にリンクした以下タグに、仮想ページビューの設定をしてみると、クリックしたことで自身のウェブページを見たように記録されたことが確認できます。

 

コメント..

PAGE TOP